a3(エーキューブ)プロジェクト

〜”mog(モグ)””q'ucca(キュッカ)””capsule plants(カプセルプランツ)””kich!to(キチッと)”はこうして誕生しました〜



「水」のスペシャリストの挑戦

バスルームのシャワーヘッドや混合水栓など、私たちの暮らしの中で、いつも目にしている水まわりグッズ。 三栄水栓製作所は、これら「水」をテーマにした商品開発を続けています。 しかし、今まではどちらかというと専門業者向けの商品が主流でした。 そこで、定評ある技術を活かして、もっともっと住まいにこだわりたい、 消費者の暮らしの身近な商品に結び付けたい…。「水」のスペシャリストは、 強い思いを胸に新たなフィールドへの一歩を踏み出したのです。

ユニバーサルデザインの“Shamozy(シャモジー)”

実を言うと三栄水栓製作所のチャレンジは、すでにユニバーサルデザイン分野に進出、というカタチで始まっていました。 その代表作である節水シャワーヘッド“Shamozy(シャモジー)”は、これまでにない薄いデザインやポップなカラーリング、その使いやすさにおいて一般ユーザーからも注目を集めました。 この時期に得た実績は新しい分野へ進出しようとするチャレンジ精神を刺激し、a3 (エーキューブ)開発の原点になりました。

テーマは「快適で癒される家庭の水まわり空間」

これまで無機質で、ただあるだけの存在でしかなかった家庭の水まわりグッズは、 工夫次第ではもっともっと快適で癒される空間演出をできるものになるはず…、 そんな思いをカタチにした家庭雑貨のブランドがa3 (エーキューブ)です。 今までにないデザイン性のあるインテリアの一部として、一般の方にアピールして行こうと考えられたグッズたち― 三栄水栓製作所のハード面における製品づくりの技術と、ソフト面での斬新なアイデアを熟成させた結果が、 a3 (エーキューブ)の商品化に結びつきました。

すべては“mog(モグ)”からはじまったプロジェクト

当初a3 (エーキューブ)の開発にあたって、「家庭の水まわりグッズで何が求められているか」 という命題について検討を重ねました。 その結果、
 1. 長く使えるシンプルなデザイン
 2. 安全安心のためのぶつかっても痛くない素材や形状(“モグ”のみ)
 3. 清潔を保つためにカビが発生しない素材と隙間やパーツの少ない一体化したデザイン
この3点が重要だと考えました。
こうして誕生したバスルームグッズ“mog(モグ)”から、a3 (エーキューブ)ブランドはスタートしました。 今や水まわりに関連した“q'ucca(キュッカ)”“capsule plants(カプセルプランツ)”“kich!to(キチッと)”の4ラインにまで商品ラインナップも拡がっています。

   

2009年7月

▲ ページTOPへ